2017
04.04

「星雲賞参考候補作(2017)」

星雲賞(2017)の参考候補作リストが発表されています。

【2017年 第48回星雲賞 投票用ページ】
http://www.sf-fan.gr.jp/vote2017/

【第56回日本SF大会「ドンブラコンLL」】の参加者に投票権があります。
http://www.donbura.com/sf56/
メールアドレスを登録している参加者には、「星雲賞投票開始のお知らせ」メールが届いているのではないかしら?
(登録番号も記載されていました。)

【第56回日本SF大会「ドンブラコンLL」本棚|読書メーター】にも一部紹介があります。
https://bookmeter.com/users/744216/bookcases

投票は2017/5/28(日)〆切。

よろしければこちらもご参考にどうぞ。
【次回の星雲賞にむけて候補作を話そう(2017年投票用)掲示板】
http://sfpickup.bbs.fc2.com/

【eSFe Letter】 459号 20170404 で配信したものです。
この号のメールマガジン全文は【◇eSFe Letter◇459号 20170404@はてな SF系イベントメモ】でも読めます。


なお、昨年は「星雲賞参考候補作(2016)」という感じでした。


Comment:0  Trackback:0
2017
03.07

「S-Fマガジン 2017年4月号」

SF小説誌。58(2)、通巻は720
ベスト・オブ・ベスト2016
表紙イラスト:「正解するカド」
S-Fマガジン 2017年4月号」
早川書房 2017/4/1

SFマガジン 2017年 04 月号




≪honto≫




≪Honya Club≫
icon

【eSFe Letter】 455号 20170307 で配信したものです。
この号のメールマガジン全文は【◇eSFe Letter◇455号 20170307@はてな SF系イベントメモ】でも読めます。

Comment:0  Trackback:0
2017
02.28

「第56回日本SF大会 ドンブラコンLL プログレス・レポート第2号」

第56回日本SF大会【ドンブラコンLL】の事前広報誌が発行されています。

【ダウンロード|第56回日本SF大会 ドンブラコンLL】
http://www.donbura.com/sf56/ja/information/download/
から、無料でダウンロードできます。
「第56回日本SF大会 ドンブラコンLL プログレス・レポート2号」
http://www.donbura.com/sf56/content/files/SF56_Progress002.pdf
2017/2

【eSFe Letter】 454号 20170228 で配信したものです。
この号のメールマガジン全文は【◇eSFe Letter◇454号 20170228@はてな SF系イベントメモ】でも読めます。


Comment:0  Trackback:0
2017
02.21

「eSFe_Voice」(配信予定)「eSFe_Voice_20170222」

eSFe_Voice」の配信をします。

明2017/2/22(水)22時頃から、40分程度の予定です。

http://www.ustream.tv/channel/sfcham

「SFチャンピオン2017」アンケートについてのご報告をします。
いつもの通りの、eSFe Letter(このメールマガジン・ページ) の内容や、SFファンジンコレクションの経過報告もお届けする予定です。
お気軽にご参加ください。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2017
01.31

「SFチャンピオン2016」アンケート

【eSFe Letter】もおかげさまで 450号をむかえました。そして2017年もはじまりました。
そこで、恒例のアンケート企画、好きなSFを紹介しあう参加型SFイベントです。

http://sfcham2017.enq1.shinobi.jp/enquete/126140/

昨年のチャンピオン作品は登録済みです。
お好きなように「回答を追加」できますので、自分の好きなものをアピールする場としてもご活用ください。
2017/2/20(月)まで投票受付の予定です。



【eSFe Letter】 450号 20170131 で配信したものです。
この号のメールマガジン全文は【◇eSFe Letter◇449号 20170124@はてな SF系イベントメモ】でも読めます。

参考:前回(2016年年頭)の「SFチャンピオン2016」アンケート」



Comment:0  Trackback:0
back-to-top